初めて当サイトにお越しいただいた方へ

初めまして。Tomo塾代表の仁子(にご)真裕美です。

nigo

Tomo塾では
日本語教師やボランティアで日本語を教えている方、
これから日本語を教えてみたいと思っている方に、

「どうしたら教師も学生も心ときめく授業ができるのか」
の、トータルプロデュースをおこなっています。

「真剣に」かつ「ワイワイ」と、学び合う場です。

25年間、日本語教師、兼、日本語教師養成をしてきた中で、
外国の方に日本語を教えている先生方は、心やさしく、
向上心があり、真面目であると痛感しています。

そして、その真面目さゆえに、授業がうまくいかなくて悩んでいるという話を
いやというほど耳にしてきました。

多くの先生方が、それに対して、具体的には、どうしたらよいのかわからず、
苦しんでいるのが現状です。

私は海外、特に国を挙げて語学教育に取り組んでいるフランスで、
プロフェッショナルと言われている先生方の授業を数多く見てきました。

その先生方の授業は、実にすばらしく、時間があっという間に過ぎてしまいます。
そして、学生たちのなんと生き生きとしていることか。

同じ授業でも、こうも違うのかと愕然としました。

多くのプロフェッショナルな方々の授業を実際に見、体験し、
自分でも実践してきた中で、わかったことがあります。

ワクワクするレッスンをしている先生方の授業には、ある共通点がありました。
その共通点とは、「学生主体の授業をしている」ということです。

私はこれまで、「学生主体の授業」を実践しつつ、
多くの日本語教師を育ててきました。この方法を体得した先生方は皆、
「授業が楽しくてたまらない!」と、口々に報告してくれています。

そこで、自分のこれまでの経験を踏まえ、先進的な語学教育を行っている、
香港中文大学の語学センター長、朱小密教授からも、教えをこい、
このメソッドを体系化すべく、たゆまぬ研究と実践を重ねてきました。

その集大成がTomoメソッドです。

これにより、より簡単に、短い時間で、
学生も教師も心ときめく授業ができる力を身につけられます。

もし、Tomoメソッドを伝えることができたら、
多くの方が心から、仕事を楽しめるようになると確信しています。

せっかく意義ある仕事をしていながら、つまらない授業をしているのでは、
あまりにも、もったいない!

今、ますます外国の方が増えている中、授業が変われば、先生だけでなく、
学生も変わります。もっと日本を好きになってくれるはずです。

そして、先生と学生との絆がいっそう強くなり、日本とその学生の国との絆も、
さらに強まることでしょう。

多くの日本語教師の方は、懸命に自己研さんを積んでいます。
しかしながら、その努力の方向が間違っていたら、
その貴重な時間を無駄に使っていることになってしまいます。

一人で頑張り続けるのではなく、このTomoメソッドを実践に移すことで、
今までの壁を突き破り、さらなる高みに登っていただきたいのです。

授業が変われば、先生も学生も、変わります。
そして、日本も元気にできるはずです。

ぜひ、あなたも、そのノウハウを手に入れ、充実した毎日を過ごしてください。

心から応援しています。

Tomo塾代表
仁子(にご)真裕美 

無料メールセミナー

無料メールセミナー(一日おきに配信します)

サブコンテンツ

このページの先頭へ